英語で「No」を礼儀正しく丁寧に伝えられますか?


Hi,サチンです。

今日も楽しんでSpeakout!(スピークアウト)していますか。

 


皆さん、私の英語専用YouTubeチャンネルはご覧いただいていますか?
観てくださっているあなたからの感想やコメント、私もとても楽しみにしています。ありがとうございます!
全てに返信はできませんが、皆さんからのメッセージは全て読んでいます。
質問や相談にも答えていきますので、どんどん書き込みしてください。

YouTubeアップロードのお知らせが欲しい方は、忘れずにチャンネル登録してください。

 

今日はいただいた質問に答えていきます。

私に聞きたいことやアドバイスが欲しいことがあれば、気軽にYouTubeにコメントを書き込んでください。


コメント欄への質問や相談には、同じ悩みを抱えるより多くの学習仲間
に参考にしてもらえるよう、動画やブログ記事の中で返信していきます。


では、今回の質問です。

 


何かを断りたい時、英語でははっきり「No!」を言わないといけない、日本語のように遠回しに断わっても外国人には通じないと聞きます。はっきり言うことで失礼になったり、嫌な気持ちにさせてしまうことはないのでしょうか。

特に相手が目上の方の場合、日本語には謙譲語や尊敬語があって失礼のない言い方ができますが、英語でもそのような気づかいの気持ちも伝わる言い方があれば、サチン先生ぜひご指導ください。


質問ありがとうございます。

 

日本人の皆さんと接していると、相手に「NO」と伝えることが悪い、申し訳ないと考える傾向が強いように感じます。

 


ネイティブの使う英語にも、断る時に微妙なニュアンスを伝える表現はあります。

ただ、海外では「聞き手が空気を読む」という文化がないので、はっきりYesか Noで答えた方が、相手が求めている答えを返す事になり親切です。

求められているのは『明確な回答』ということをまず意識といいでしょう。

 

その上で、家族や友達、仲のいい同僚であれば、シンプルに
No, thank you で十分です

 

ご質問のように相手が上司など目上の人だった場合や、丁寧に誘いを受けた場合、No, thank youだけでは「強く拒否された」「そっけなく断られた」と、冷たく失礼な印象を与えることがあります。


そんな時は、日本語と同様に、ひとこと感謝の気持ちを添えるとと相手が感じるダメージをやわらげることができます。

 

また、あなたの申し訳ない気持ちや状況を説明することで、より相手の理解を深めて丁寧に「お断り」することができます。

 

今日はサポート講師のはるな先生に、上手にNoを伝える「断る」英語表現を詳しく解説してもらいます。

 

基本的な表現から、様々なシーンやニュアンス別に失礼にならない「断りフレーズ」をしっかりマスターしましょう!

 

 

*ここからは、『スピークアウト』のサポート講師はるな先生の解説です

「行きたいんだけど」や「残念だけど」という気持ちを込める表現

 

はるな
こんばんは。サポート講師のHarunaです。


人から誘いを受けたり、何かを勧められたりしたとき、それをお断りするのって難しいって思うときありますよね。

ましてそれを英語で断るなんて。。。できるかしら。

心配いりませんよ!英語にも失礼なく上手に「No」を伝えることができるフレーズはあります

以下にご紹介しますね!:)

 

I wish I could〜


例えば、

「今週の金曜日、みんなで映画に行くんだけど一緒にどう?」と誘われた場合…

 

英語では、日本語に比べて率直な表現が多いですが、だからといって「No, I can’t go.」や「I’m busy.」と素っ気ない返事をしてしまったら、やはり相手の気分を害してしまうことになります。

 

日本語でもこのような言葉を添えると柔らかく聞こえるように、英語でも、「行きたいんだけど」や「残念だけど」という気持ちを込めて、

I wish I could go, but I’m busy that day.
Unfortunately, I already had another plan that day.

などの表現を使えると良いです。

 

I wish I could〜
という表現は日常会話で多く聞かれるフレーズです。
~できたらいいんだけど、
~できれば良かったな 
という気持ちを表現できます。

 

このほかに、「行きたいけど、でも。。」とお断りするときには

I would love to go, but I have to work on Friday night.
(ぜひ行きたいな。でも金曜日は夜勤なんだ)

と、やんわりとNoを伝えることができますね。

 

表情やアイコンタクトでも、残念な気持ちを表現


これらのフレーズでお断りする意思を伝える場合は、やっぱり表情も、本当に残念という気持ちが表現できると良いですね。

西洋人はしっかりと相手の目を見て話をしたり、特に「この人を誘いたい」と思われている場合には、目をそらさずに誘ってきたりとまっすぐです。

同じように誠意をもって、Noでもまっすぐ答えるのが良いのではないでしょうか。


Thank you for asking me.
I would love to go, but I’m not available that day.


と、Thank youの部分は笑顔でも、I would love to goの部分からは残念な気持ちを示す。

苦いような表情というか、申し訳ないなという気持ちが伝わるようにすると良いでしょう。

 

“No, thank you. ” 簡単な表現で大丈夫な場合

 

以上、『やんわりとお断りするフレーズ』をいくつかご紹介しましたが、逆に、親しい人や職場の人と食事に出かけたときに「結構です」と断る場合は簡単な表現で十分ですよ。

例えば、

マッシュポテトにコショウを振っていた相手が

Do you want some pepper?

この場合は、

No, thanks!

とカジュアルに答えても問題ありません。

 

アイスコーヒーにシロップとミルクを入れた相手が
Do you want some, too?
と聞いてきたら


No, thank you.
と答えて良いです。

 

ちなみに、No, thanks.No, thank you.の違いですが、英語ではフレーズが長いほど丁寧な表現である、というのを聞いたことがありますか?


それと同じで、
No, thanks.のほうは気心の知れた親しい友人に対して使って良いですが、
目上の人やあまり親しくない人にはNo, thank you.のほうが良いですね。


よく似た表現ですが、注意しないといけない場合があるかもしれません。

 

このほかに、
I’m good, thank you.
という表現もこなれた感じで、使ってみると、「英語がしゃべれる!」という気持ちになれる表現ではないでしょうか。


このような機会があればぜひ使ってみてください。

 

 

*Haruna(はるな)先生プロフィール


Hi, everyone! It’s my pleasure to “meet” you.
Harunaと申します。 ブログを通して皆さんとつながりができることをうれしく思います。 皆さんはどのような目標や夢をお持ちでしょうか。英語が話せるようになったら何がしたいでしょうか。英語を話せるようになる第一歩は、恥ずかしがらずにスピークアウトすることです。間違ってもよいのでよく声が通るようにアウトプットするよう心がけていきましょう。英語らしい発音をするには口の形を日本語とは異なるいろいろな形に変えないといけません。このブログを通して、こうすると英語っぽいナチュラルな英語になるのでは?という口の動きや表現方法など、一緒に研究していきたいと思います。


(*スピークアウトの生徒の皆さんは、はるな先生のLINEサポートを受けることができます。希望の方はスピークアウト事務局まで先生指名のご連絡をお願いします。<事務局よりお知らせ>)


 

サチン


はるな先生が教えてくれた3つのパターンを覚えてしまえば、たいていの場面で丁寧に「断る」ことができるようになります。


単語を置き換えて、いろいろな状況説明や気持ちを伝えられるようにセルフトレーニングしておきましょう。

 

(1)
I wish I could go, but I’m busy that day.
Unfortunately, I already had another plan that day.


(2)
I would love to go, but I have to work on Friday night.


(3)
Thank you for asking me.

I would love to go, but I’m not available that day.

 

鏡の前でスピークアウト しながら、表情も練習してみてください。

 

Let’s enjoy SPEAKOUT !

サチン

 

 

[関連記事]


■日本人がやりがちな、英語でのコミュニケーションの《悪癖》を断つコツ

日本人がやりがちな、英語でのコミュニケーションの《悪癖》を断つコツ

 

 

[サチン・チョードリーの英語コンテンツ]

「もうこの歳では英語の勉強を初めるのは遅いと思って、あきらめていました。今からでも英語が話せるようになるでしょうか?」
というあなたへ

 

『マインド』の持ち方次第で、何歳からでも英会話はマスターできます。こちらのボタンをクリックして、ぜひ一度私の無料レッスンを体験してください。

↓↓↓

1クリックで、一緒にスピークアウトしよう!

 

 

[メディア・SNS]

SNSによるネットワークは英語学習においても強力な手段になります。

ぜひ、私のブログ、YouTube、Facebookページ、そしてツイッターと楽しんでアクセスしてください。


 

【サチン・チョードリー Youtubeチャンネル】
http://doll-ex.jp/L3488/bfk59492/11921
*チャンネル登録すると新作の動画公開のお知らせが届くようになります。お見逃しなく!


【プロジェクト2020』公式Facebookページ】

https://www.facebook.com/プロジェクト2020-437370393732207/
*SPEAKOUTのFacebookページにも私の英語の生徒さんやコミュニティのメンバーがたくさん集まってくださっています。


【サチン・チョードリー公式スタンプ】

https://line.me/S/sticker/11082591?lang=ja&ref=lsh_stickerDetail
*英語のスタンプも英語仲間と送り合ってください。
このスタンプを使った人には、私のジュガール・パワーをおすそ分けします:)

 

 

最新情報をチェックしよう!
>English Breakthroughはこちら

English Breakthroughはこちら

English Breakthroughではシンプルな英会話、グロービッシュを教えています。