英会話を独学マスターしたい人必見!【サチン・チョードリーのQ&Aコーナー】


こんにちは。
SPEAK OUT(スピークアウト)事務局です。

今日は皆様に、YouTube動画のご案内です。


【サチン・チョードリーのQ&Aコーナー】

が始まります!


視聴者の皆さまからいただいた【英語学習に関するお悩み】に、サチン先生がお答えします!!

 

英語学習に悩みはつきものです。

特に独学で学習を続けていると、自分の学習のやり方が正しいのか自信がなくなったり、なかなか効果を感じられず不安になる経験が誰しもあると思います。

 

時間もお金も有限です。

できれば、今ある問題は効率よく解決をして、次のステップに課題を進め、どんどん「英語が話せる力」を伸ばしていきたいですね。

 

そんな時は、やはり信頼できる指導者の存在が、学習効果を大きく左右します。


最近流行りの『英語コーチング』も、英会話を短期で習得できるとして各社英会話スクールで人気を集めています。

その人の英語を学ぶ目的やレベル、不得意な点など考慮してオリジナルのカリキュラムを作成し、

2〜3ヶ月という期間内に専属のトレーナー(英語コーチ)をつけて、学習法から精神的な部分までサポートを受けながら学習を進めるのが、

一般的な『英語コーチング』のプログラムのようです。

 

マンツーマンで、個人個人にカスタマイズされる勉強法になるので、やはり費用は15万円〜30万円くらいとかなりの高額な価格帯で提供されています。

そういった専門的なコーチングのスキルは特別なものなので、やはり普通の「英語の講師」に求めるには限界があります。

[英語の指導能力]と[コーチング的なコンサル力]を兼ね備えた先生から”効率的な英語の勉強法”を教えてもらうのが、最短ルートで英語をマスターする方法といえます。

 

さらに、すでに自分で英語をマスターした経験を持つ【一流のコーチ】に指導をしてもらえる機会があれば、最強の学習チャンスと言っていいでしょう。

 

そこで!
サチン先生の登場です!!

 

サチン先生はご存知のように、


■母国語以外に、英語、日本語をマスター
(実はその他の言語にも通じていらっしゃいます。)

■一流企業で、グローバルな視点からのビジネスのアドバイスや、ビジネス英語を指導するコンサルタント

でもあります。

そして、他の英語コーチングが持っていない、

■インド人の可能思考『ジュガール』の視点から、「必ず英語が話せるようになる」マインドの持ち方も伝授

しています。

 

スピークアウトだからこその、【サチン先生のQ&Aコーナー】

 


皆さまからのよくあるお悩みが、瞬時に解決されると思います。

どうぞ、楽しみながらご覧ください!

 

スピークアウト事務局

 

 

[メディア・SNS]

SNSによるネットワークは英語学習においても強力な手段になります。

ぜひ、YouTube、Facebookページ、そしてツイッターと楽しんでアクセスしてください。


 

【サチン・チョードリー Youtubeチャンネル】
http://doll-ex.jp/L3488/bfk59492/11921
*チャンネル登録すると新作の動画公開のお知らせが届くようになります。お見逃しなく!


【プロジェクト2020』公式Facebookページ】

https://www.facebook.com/プロジェクト2020-437370393732207/
*SPEAKOUTのFacebookページにも私の英語の生徒さんやコミュニティのメンバーがたくさん集まってくださっています。


【サチン・チョードリー公式スタンプ】

https://line.me/S/sticker/11082591?lang=ja&ref=lsh_stickerDetail
*英語のスタンプも英語仲間と送り合ってください。
このスタンプを使った人には、私のジュガール・パワーをおすそ分けします:)

 

【コミュニティメンバー限定LINE】 
こちらのHPから英語のコミュニティに参加していただくと、限定公開のLINEに参加することができます。
→ http://prj2020.com/rp/Online.lesson

 

 

[著書]

 

『MAKE LUCK 「運がいい人」になるための小さな習慣』
〜世界の成功者が実践するたった1分のルール
https://www.amazon.co.jp/dp/477621038X

 

 

最新情報をチェックしよう!
>English Breakthroughはこちら

English Breakthroughはこちら

English Breakthroughではシンプルな英会話、グロービッシュを教えています。