「早口で聞き取れない!」ネイティブ英語が聞き取れるようになるリスニングのコツと練習法

Hi,サチンです。毎日ワクワク英語を楽しんでいますか?
今日も
Let’s speak up (スピークアップ)!


皆さん、私の英語専用YouTubeチャンネルはご覧いただいていますか?
観てくださっているあなたからの感想やコメント、私もとても楽しみにしています。ありがとうございます!全てに返信はできませんが、皆さんからのメッセージは全て読んでいます。質問や相談にも答えていきますので、どんどん書き込みしてください。

YouTubeアップロードのお知らせが欲しい方は、忘れずにチャンネル登録してください。


時々、英語の生徒やYouTubeの視聴者の皆さんから、このようなご意見をいただきます。

サチン先生の英語、早すぎて聞き取れないです!

YouTube動画をご覧いただいていて、私の英語、速いと感じますか?

実際に外国人、特にネイティブスピーカーと会話する時にはさらに速く感じることが多いでしょう。

私も動画を撮影する時には、皆さんに分かりやすいように、通常の会話よりも意識してゆっくりと発話(スピークアウト)しています。

 

相手の英語が「スピードが速すぎて聞き取れない」と感じるのには、大きな要因があります。

 


✔︎リスニングができない理由


日本人の皆さんが英語を聞き取れない理由として、リスニング自体はもちろんですが、やはりスピーキングの訓練も十分でないことがあげられます。

 

単号や文法が理解できず意味を取れない

英語を一度日本語に訳して理解しようとする

知っている単語を聞き取ることに集中してしまう

英語をカタカナでとらえようとする

これまで学校教育で英語の【発音】を勉強して来なかった

音と音のつながりのルールを知らない/慣れていない

 

自分が発音できない英語は、聞き取れません。知らない音をいくら聞いても、脳はそれを「言葉」と認識して、意味づけることができないからです。

 


✔︎英語の「発音」にはルールがある


非ネイティブスピーカーである日本人の皆さんは、おそらく学校教育で英語の発音のルールについて学んで来ていない人がほとんどです。

例えば、複数の単語を繋げて話す時、一部の音を省略したり、別の音に変化させて発音します。すると1つずつの単語を区切って読む時とは、異なる音に変わります。

この音声変化のパターンとルールを知らないと「どんな単語が、どんな順番で話されているのか」認識することができないので、当然スムーズに聞き取ることができません。

 

さらに詳しく知りたい人は、『リンキング(リエゾン)』『リダクション』と検索して、調べてください。

 

 


✔︎英語が話せないマインド


 

会話中、どうしてもリスニング力が追いつかず相手の話が聞き取れない経験は、英語学習者なら誰もがすることです。そんな時は、遠慮せず、その場で率直に聞き返しましょう。

海外では、わからなければ遠慮なく「もう一度言ってください」「もっとゆっくり話してください」と聞き返すことが当たり前です。

「自分に理解力がないから…」などと申し訳なく感じる必要は全くありません。堂々と、理解できるまで相手に質問しましょう。

 

過去の記事で紹介した「聞き返したい時の定番フレーズ」も、すぐに使える表現ばかりなので、参考にしてください。


■英語が聞き取れなかった時はSorry? Pardon?|5つの定番「聞き返し」フレーズ

英語が聞き取れなかった時はSorry? Pardon?|5つの定番「聞き返し」フレーズ

 


✔︎相手の英語が早口!と感じた時に聞き取るコツ


YouTubeの動画で解説しました。ぜひチェックしてください。

 

■相手が何を言っているかわからない時の対処法教えます

 

さらに具体的に、相手の英語が何を話しているのかわからない時の対処法を、サチン英語チームのサポート講師Judy先生にアドバイスしてもらいます。

 

*ここからは、『SPEAK UP!』のサポート講師Judy先生の解説です!

相手の英語が早口!どうしたら…!?

 

Judy
こんばんは。サポート講師のJudyです。

 

相手に、英語で早口で話されてしまうと、軽くパニックになってしまったり、話そうと思っていたことの準備が間に合わなかったり、ということ、ありますよね!

よ~くわかります。

今回はな英語を聞き取るコツをお伝えします。

まず、「英語が早いなぁ~」と感じるのには、主に次の2パターンがあります。

 

1.元々、早口な人

こちらは、もう特徴なので、
Could you speak more slowly?
と、やりとりして会話を進めていきましょう。


2. 文字で書く通りに発音していない

英語は、単語を「文字通り」発音されないことが多いです。語尾の音が消えたり、単語同士の音がくっついて別の音になったりします。

短文の一例です。まず、発音してみましょう。

*Take it.
*Tell him.
*Look at him.
*catch up
*Try it on.


皆さんは、どのように発音されましたか?

次に、先ほどの文を、発音をできる範囲のカタカナで表してみます。

*Take it. テイキッ
*Tell him. テリム
*Look at him.  ルカヒム
*catch up  キャッチャッ
*Try it on.  トライリロン

カタカナだけを見ると、何だこれ?という感じですよね、でも、これらが英語のルールにそって音声変化をしている言い方なんです。

ですのであなたがこれらの音声が出せるようになると、聞き取れる英語が増えます。

 

トレーニングの方法


トレーニングの方法としては、

過去の記事でも、シャドーイングオーバーラッピングの解説の時にも触れましたが、次の3ステップで進めていきます。


1、音声付で書き込みできる教材を用意する(難し過ぎず、ご自身の英語レベルで理解できる内容のもの!)

2、モデルの音声をリスニングをしながら、スクリプトの原稿にメモをとります。

3、メモをとり終わったら、音声を聞きながら読んでいきます。

 

練習のポイント

 

スクリプトにメモを取る際には、こんな点に注意して聞き取っていきます。

・文全体の抑揚(上がり調子か下がるのか)

・聞こえない音(例えば、”take it”であれば、e,t)にスラッシュをして「発音しない」マークをつける

・音がくっついて繋がって聞こえる部分があったら、印をつける。

・どこで息を吸うか、ブレスのマークなど入れても良い。

いずれも、自分がわかればいいので、どんどん書き込んでいきます。

 

そのようにマークをし終わってから、『音読』『シャドーイング』などして、実際に発音をしてみます。

何度も繰り返し聞いてトレーニングするうちに、最初に「音声だけ」で聞いたときよりも、聞きやすくなっているはずです。


声に出すときの注意点

無理に早口になる必要はありませんが、出来るだけ音源のスピードに近づけるように練習されると、ご自身の耳でキャッチできる英語が増えます。

ぜひトライしてみてください。

「言えない音は聞けないので、ぜひ発話(スピークアウト)できる音、文章を増やしていきましょう!

 

Judy先生プロフィール


国際空港での勤務の後、英語講師に転身。今年で、英語講師10年目。企業で接客英語の研修経験あり、英語講師養成インストラクターも務めている。 TOEICスコア 965, 英検1級を所持。 二児の母。


 

サチン


すぐにできる、具体的なトレーニング方法でしたね。

ぜひ、何度もスピークアウトして、マスターしてください!

 

◆◇◆今日のシンプルアクションプラン◆◇◆
『リンキング(リエゾン)』や『リダクション』に挑戦する


Let’s enjoy trying!

サチン

 

[関連記事]


英語初心者のリスニング力が爆発的に伸びる!音読・シャドーイング・オーバーラッピング練習法

英語初心者のリスニング力が爆発的に伸びる!オーバーラッピング練習法

 

[サチン・チョードリーの英語コンテンツ]

「リスニング力をあげたいのですが、実戦で話す機会が本当にありません。」
というあなたへ。


私の主宰する英語コミュニティでは、月に1〜2メンバー限定のシークレットセミナーを開催しています。

毎回、70代はもちろん、80代の人生の大先輩の皆さんも「学生の頃サボった英語にもう一度挑戦したい!」「勉強をがんばる気持ちを取り戻したい」と参加されています。皆さん、笑顔で堂々と英語で自己紹介をして、積極的に英会話を楽しまれていますよ!

『マインド』の持ち方次第で、いくつからでも英会話はマスターできます。こちらのボタンをクリックして、ぜひ一度無料レッスンを体験してください。

↓↓↓

1クリックで、最短で英語が話せるようになる!

 

 

 

 

 

 

 

 

▼メルマガ登録はこちら
読者限定の動画レッスンも無料配信!

『イングリッシュブレークスルー』
http://prj2020.com/rp/Wzpk28


▼サチン・チョードリーに英語を教わりたい方はこちら

オンライン英語スクール『SPEAK UP(スピークアップ)』
https://speak-out.info/


▼誰でも参加OK!良かったら気軽に参加してください
無料体験セミナー開催中

https://speak-out.info/trial.php

 

[メディア・SNS]

SNSによるネットワークは英語学習においても強力な学習手段になります。ぜひ私のブログ、YouTube、Facebookページと楽しんでアクセスしてください。


 

【サチン・チョードリー Youtubeチャンネル】
http://doll-ex.jp/L3488/bfk59492/11921
*チャンネル登録すると新作動画公開のお知らせが届きます。お見逃しなく!


【『イングリッシュブレークスルー』
公式Facebookページ】
https://business.facebook.com/EnglishBreakthrough7/


【サチン・チョードリー公式LINEスタンプ】

https://line.me/S/sticker/11082591?lang=ja&ref=lsh_stickerDetail

 

最新情報をチェックしよう!
>English Breakthroughはこちら

English Breakthroughはこちら

English Breakthroughではシンプルな英会話、グロービッシュを教えています。

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com