《ホテル英会話》英語でチェックイン!〜予約の確認、アーリーチェックイン

Hi.サチンです!毎日楽しくSpeakout!(スピークアウト)していますか?

今日も皆さんに、新しいYouTube動画リリースのお知らせです。

アップロードのお知らせが欲しい方は、忘れずにチャンネル登録してください。

 

今回は、

海外のホテルに英語でチェックインする

をテーマに英会話のロールプレイをお届けします。

 


*新作動画はこちら
↓↓↓

https://youtu.be/h_Av1JGlj54

 

今日の動画では、手続きの流れにそって、スムーズにチェックインするために覚えておきたい定番の英語フレーズをご紹介していきます。

 

おなじみ、私の英語コーチを受けながら日々スピークアウト をがんばっているタナカ君が登場します。

予約をしたホテルに到着したタナカ君ですが、「チェックインがしたい」というひと言が伝えられなかったばかりに、ホテルのフロントスタッフを困らせてしまいます。

 

あなたもぜひ動画をチェックして、次回の海外旅行に備えホテルでの英会話をマスターしておきましょう。

チェックインの流れと定番フレーズ


ホテルのフロントスタッフは、マニュアルに従ってチェックイン業務をこなしているので、手続きのポイントや必ず聞かれる質問をおさえておけば難しいことはありません。

英語に自信がなくても、あらかじめ受け答えをシュミレーションして、準備しておけば大丈夫です!

 

1、まずは、チェックインしたいことを伝える

海外のホテルにチェックインするために、覚えておきたい最重要フレーズです。
これさえ伝えられたら、あとはフロントスタッフが必要な手続きを進めてくれます。

I’d like to check in, please.(チェックインをお願いします。)

 

2、予約のあることを伝える


I have a room here./

I have booked a room here.(部屋を予約しています)

Could you check for me?(確認していただけますか?)

 

英語でのやりとりに自信がなければ、先にホテルの予約が確認できるメールのコピーなどを準備しておいて渡すのも1つの方法です。その後の質問や確認の時間が省略できます。

 

次に、フロントスタッフはあなたの名前を確認します。
たいていはスペルも聞かれます

外国人にとって日本人の名前は聞き取るのが難しいので、アルファベットの”つづり”をはっきり伝えます。

 

My name is Yuichi Tanaka.

Y-U-I-C-H-I(ワイー、ユー、アイ、シー、エイチ、アイ)

 

予約が確認できると、次のような流れで手続きが進みます。

 

3、パスポート・クレジットカードの提示

身分証明としてパスポートとクレジットカードを求められます。

海外のホテルでは、実際に使えるかどうかの確認や『デポジット(預り金)』というシステムのためにクレジットカードを求められることがほとんどです。

予約時にホテル代金の支払いが済んでいる場合でも、 カードの利用限度額からデポジット分を仮押さえ(『プリオーソライゼーション』)されます。

実際に課金されるわけではなく、冷蔵庫の有料ドリンクやルームサービスなど何も使わなければ チェックアウト後に解除されます。

 

4、宿泊カードに記入する

日本と同じように宿泊者の情報を用紙に記入します。

 

5、部屋の鍵を受け取る

手続きが終わると、最後に部屋の鍵を渡されチェックインは完了です。

 

 

bookとreserveの違い


動画の中でタナカ君は、「予約をする」を英語で何と言うのか分からず、フロントスタッフの質問に答えることができませんでした。

 

日本語でも「ダブルブッキング」は馴染みのある言葉ではないでしょうか。

double-book は、同じ席や部屋などを「重複して」手配することを表します。

 

もう1つ、「予約をする」には、 “reserve”という動詞があります。

ホテルやレストランを「予約する」場合であれば、どちらを使っても問題ありません。

 

“book”には、名簿や帳簿に書き込むことで「事前に手配する」というニュアンスがあり、

“reserve”は、レストランや劇場などの席をある特定のに日時に「取っておく」「キープしておく」イメージです。

レストランの予約席には「Reserved」というプレートが置かれていますね。


意味に大きな違いはなく、ネイティブもどちらも使います。

 

アーリーチェックインしたい場合


飛行機の到着時間などの都合で、ホテルの決めたチェックイン時間より早く『アーリーチェックイン』をしたいケースもあります。

そんな時は、どんな風にお願いすると部屋を用意してもらえるのか、動画の中でタナカ君にコミュニケーションのポイントを伝えました。

言葉だけでなく、◯◯で伝えることが重要です。

日本人の皆さんは苦手な方も多い「交渉術」をぜひタナカ君と一緒に身につけてください。

それでは、近い将来海外を旅しているあなた自身をリアルにイメージしながら、新作ロールプレイ動画をお楽しみください!

 

*新作動画リンク
↓↓↓

 

役立つ実践フレーズ」をマスターして、備えておきましょう。

 

Let’s enjoy English and speakout!

サチン・チョードリー

 

 

【関連動画】

【旅の英会話:ホテル編】部屋でのクレームやトラブル時に使える定番英語フレーズはこれ!

 

 

 

[サチン・チョードリーの英語コンテンツ]

「間違えたら恥ずかしいという気持ちが強くて、いつも英語を話すのに躊躇してしまいます
というあなたへ。

「どうしてあなたは英語を話せるようになりたいのですか?」
「英語を話せるようになったら何を伝えたいですか?」

あなた自身が求めるゴール(目標)が見えてくれば、きっとコミュニケーションの必要性がわかって、自分から話しかける楽しさを感じられるようになります。

サチン式の英語コーチングで、英語を通じてあなたの世界をどんどん広げていきましょう。


まずは無料レッスンを体験してください。
↓↓↓

1クリックで、一緒にスピークアウトしよう!

 

 

[メディア・SNS]

SNSによるネットワークは英語学習においても強力な手段になります。

ぜひ、私のブログ、YouTube、Facebookページ、そしてツイッターと楽しんでアクセスしてください。


 

【サチン・チョードリー Youtubeチャンネル】
http://doll-ex.jp/L3488/bfk59492/11921
*チャンネル登録すると新作の動画公開のお知らせが届きます。お見逃しなく!


【『イングリッシュブレークスルー』
公式Facebookページ】https://business.facebook.com/EnglishBreakthrough7/
*サチン・チョードリーからの最新ニュースやSNSでの配信情報をお知らせします。


【サチン・チョードリー公式Twitter】
https://twitter.com/Sachin_speakout
*サチン・チョードリーからの最新ニュースやSNSでの配信情報をお知らせします。


【サチン・チョードリー公式スタンプ】

https://line.me/S/sticker/11082591?lang=ja&ref=lsh_stickerDetail
*英語を学ぶ仲間と送り合ってください。
このスタンプを使う人には、私のジュガール・パワーをおすそ分けします:)

 

最新情報をチェックしよう!
>English Breakthroughはこちら

English Breakthroughはこちら

English Breakthroughではシンプルな英会話、グロービッシュを教えています。